目からウロコが・・・って思ったら、そく実行!!


by narutaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

★★★☆☆ 仕事の道具箱―この箱を開ける10本のカギがあります


◆仕事の道具箱―この箱を開ける10本のカギがあります
[ http://tinyurl.com/3wtvv ]

著 者 中島 孝志
出版社 青春出版社
価 格 1,260円(税込)
ISBN 4413034759



  道具はありがたいものだ。それさえあればこんなに苦労しなくても済むのに、という
 思いは、素手で何かに取り組まなければならないときに痛感する。
  ビジネスノウハウもしかり。ちょっとしたやり方一つで、これまで難しかったことが
 うんと楽になることがある。
                                      ~はじめに より抜粋

◆ビジネス・ツールの総合カタログとして利用する
 どの分野においても、道具(ツール)に対するこだわりって、ありますよね。(^_-)-☆

 例えば、スポーツの分野。

 テニスやバトミントン・卓球をやる人はラケット、野球の場合はバットやグラブ、陸上やバスケットはシューズってな具合かな。

 余談ですが、ボクは、学生時代テニスをやっていたので、自分に合うラケット探しに時間をかけた覚えがあります。(30代になってからは、同じようにゴルフクラブ選びにハマったときもあったっけ。) (^^ゞ

◆さて、本書のコンセプトですが、【 考具―考えるための道具、持っていますか? 】と同じかな。

 ビジネス分野でも、マッキンゼー方式の○○とか、いまわなきアンダーセンコンサルティングが良く使う○○とか、さまざまなツールがあります。特に、企画とかの上流をデザインするときには、このツールを知っているか/使いこなせるかで、作業効率を左右するといっていい(これ、ほんと)。

 そういう意味で考えると、ここに取り上げられているツールの数93個は、いかにもお得感ありですよね。(^^♪

 なかには、これってツール?ってのも入ってますが、ベーシックなところは、完全収録といってもいいと思います。

 余談ですが、ボクも実は自分用のツールボックスを創ろうとしていた時期があります。それが、これ
インターネットを使って、どこからでも必要なときに取り出せる道具箱って感じのコンセプトだったかな。
 今は、Blogがあるので、自分のHPの更新もほとんどやってませんが、ビジネスツールの引き出しは、多ければ多いほどいいと実感してます。

◆本書をビジネスツールの総合カタログとして、お手元(いや、会社の引き出し)に、常備しておくことをお薦めします。

 by なるたろう
■blogランキングに参加中です。
よろしければ、ポチっとClickお願いします。毎日継続する元気の素なんですよ。^^;■
人気ブログランキング元祖ブログランキング



1章 うまく気持ちよく仕事をする「段取りの道具箱」
 1 まず、やるべきこと!
 2 戦略思考
 3 課題分割法
 4 アイビー・リー2万5000ドルのアイデア
 5 かんばん方式
 6 エレベーター・プレゼンテーション
 7 ABCDE法
 8 リバース・シンキング
 9 完璧理解、ステップアップ法
 10 自律訓練集中法
2章 いつも余裕のある人の「時間の道具箱」
 1 ニッチタイム活用法
 2 5分間シミュレーション
 3 「すぐ始める」術
 4 時間・範囲分割集中法
 5 時間のABC分類
 6 コア・タイム活用法
 7 一日三分割法
 8 朝時間の最適活用
 9 「熟睡短眠」法
 10 東大式・徹底「時間管理」法
3章 収集・整理の達人になる「情報の道具箱」
 1 オープン・クエスチョン
 2 メモる技術
 3 ポスト・イット術
 4 本を最大限利用する技術
 5 栗田式速読法
 6 ヘッドライン・チェック法
 7 中島式ノート術
 8 京大式カード
 9 PDA&カメラ付きケータイ
 10 記憶する技術
4章 もっと“いい考え”を生む「アイデアの道具箱」
 1 自由連想法
 2 NM-T法
 3 マンダラート
 4 マインド・マップ
 5 図解思考
 6 アイデアを作る5ステップ
 7 KJ法
 8 葉層をジャンプさせる
 9 ブレーンストーミング
 10 ICレコーダー
5章 仕事の問題点がわかる「頭のいい道具箱」
 1 六つの質問力
 2 親和図法
 3 連関図法
 4 ロジックツリー
 5 MECE
 6 パレート図法
 7 散布図法
 8 スパーク法
 9 ドーナツ・シンキング
 10 鈴木敏文流
6章 ズバリ最善の道が選べる「決断の道具箱」
 1 ゴール
 2 データ診断
 3 三つのシナリオ
 4 BEP
 5 ダイアディック・マインド・マップ
 6 ゲーム理論
 7 PPM
 8 「このままじゃ嫌だ!」
 9 カン
7章 人の心をガチッとつかむ「言葉の道具箱」
 1 「へぇ」
 2 ロジカル・トーキング
 3 3ポイント話法
 4 刑事コロンボ
 5 フット・イン・ザ・ドア
 6 ドア・イン・ザ・フェイス
 7 ラポート
 8 養老先生
 9 マジック・フレーズ
 10 (^^)
8章 営業力を何倍にも強化する「売れる道具箱」
 1 わかりやすく伝える技術
 2 提案力
 3 イソズミ・マジック
 4 ナレッジ・マネジメント
 5 ターゲティング
 6 口コミ
 7 沈黙
 8 ”お友だち”になる
 9 「ありがとうございました」
 10 ブランド・ビルディング
9章 心機一転、リフレッシュさせる「癒しの道具箱」
 1 速効リクラリゼーション
 2 タイム・シフティング
 3 アロマ・セラピー
 4 タイムマシーン
 5 安定打坐
 6 「運命」
 7 ダーツ
10章 夢をかなえる「成功の道具箱」
 1 地図脳
 2 「100年計画」スケジュール
 3 自分マーケティング
 4 マネ
 5 ジョハリの窓
 6 分身の術
 7 ヒデキ・マツイ
[PR]
by narutaro | 2004-12-12 11:04 | Book Review