目からウロコが・・・って思ったら、そく実行!!


by narutaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

★★★★☆ 教わる技術



◆教わる技術[ http://tinyurl.com/579yb ]


著 者 水上 浩一
出版社 ソフトバンク パブリッシング
価 格 1,470円(税込)
ISBN 4797328525


◆「教わる技術」~それは、幸せな人生をおくるための技術なのです

◆自分を知る、相手を知る、そして足りないところを埋める
ちょっと、今年を振り返ってみましょう。

年初に設定した目標は、実現できましたか?

2004年は、こんな年にしたい(こんな成果を得たい)って目標を立てたけど、目標達成できたものやできなかったもの、きっといろいろありますよね。^^;

◆計画~実行~検証
何かを始めるとき、いちばん最初に、やらないといけないことは何か。
それは、なりたい自分やありたい自分と、いまの自分との【ギャップ】を知ることです。

では、この【ギャップ】って、何だと思いますか?

【ギャップ】の正体、それは「知識」や「経験」ではないでしょうか。

何かをやるために必要な知識を得る(情報を集める)、そのために本を読む、人に会って教えを乞う。親方(ちょっと古い?)に弟子入りして、必要な経験をつむ(「守・破・離」ってあったよね)。

本書は、その「知識」と「経験」を「手に入れるための技術」を学ぶための本です。

◆著者はこんな人
著者の水上さんは、元バンドマン。学生時代から結構有名なバンドでギター♪を弾いていたようですね。就職後暫く、薄給時代もあったようですが、起業してからは億単位の年商を稼いでいるそうです。

本書で紹介されているのは、そのような時代の経験を「教わる技術」としてまとめたもの。
KnowもHowも、充実していますよ!

現在の著者の活動を知りたい方は、こちらのHPをご覧ください。(メルマガの購読もできるみたい。)

★ 教わる技術【オフィシャル・ページ】 ★は、 こちら から


さて、本書で紹介されているさまざまな「コツ」ですが、ボクの興味ある「質問」についても紹介されていたので、ちらっと書きますね。

◆質問するときの「コツ」とは
自分に足りない知識や経験を生めるための強力な武器である「質問」を、いかにうまく使えるか。こんなところにも、「コツ」がありました。
それは、「Imageがつかめるまで」「具体的に」、そして「詳細に」というもの。
よく、『日本人は「知らない自分が悪い」という感覚で質問するのに対し、欧米人は「わかるように教えられないあなたが悪い」という感覚で質問をする。』と言われます。

ここでは、どちらが正しいかではなく、『欧米人のように、自分に足りない知識や経験に対し、貪欲になること』が、質問をする上では、よい姿勢ではないかと考えたいですね。

◆なぜ、教わるのか
「「自分が知らない」ということをことを知る」。ここが出発点なんですね。(^_-)-☆
「何を知らないのか(知識)」「何が足りないのか(経験)」を埋めるために「教わる」。

こんな初歩的なことを再確認させてくれたのが、本書です。

◆2004年も残すところ、あと3日。
自分の知識や経験を棚卸しして、新しい年に備えてみるのもいいのではないでしょうか。(#^.^#)

by なるたろう

--- 教わる技術 ---
[ http://tinyurl.com/579yb ]


■ blogランキングに参加中です。 ■

よろしければ、ポチっとClickお願いします。毎日継続する元気の素なんですよ。^^;

<人気ブログランキング> <元祖ブログランキング>

[PR]
by narutaro | 2004-12-29 01:30 | Book Review