目からウロコが・・・って思ったら、そく実行!!


by narutaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「良い商品」=「良い製品+α」


◆黄金のおにぎり
[ http://tinyurl.com/6s35j ]★★★☆☆彡

著 者 高橋 朗
出版社 ナナ・コーポレーション
価 格 1,260円(税込)
ISBN 4901491261


キャラクターは、感情を刺激するのに、非常に便利なツールです。
キャラクターは、擬人化されています。だから、感情移入しやすいのです。

◆こんにちは!なるたろうです。
きょうのBook Reviewは、ビジネス書にしては、ちょっと風変わりなカオ面をした「黄金のおにぎり」からお届けします。

◆本書の特長は、なんといってもマーケティングをテーマに、小説というアプローチを導入している点にあります。目的は、マーケティングの基礎を分かりやすく伝えよう!ということなので、その意味では成功しているといえるでしょう。ちなみに、このようなアプローチで成功した例としては、「チーズはどこへ消えた?」とか「ザ・ゴール」なんてのがありましたね。

◆Book Reviewです。

「黄金(こがね)のおにぎり」とはお店の名前。
脱サラした主人公が、思い入れたっぷりに開業したその店舗で、さまざまな苦労を味わいつつ、一つひとつ困難を乗り越えていく過程で、マーケティングの要素を学んでいくというストーリーです。

よくいわれるように、「小説は、感情移入がしやすい」。
ということで、主人公の困難やその学びが、まるで自分の体験のように感じられます

ここが、本書のポイントだと勝手に判断しているのですが、本書を読むことで、「マーケティングを学ぼう!」と思えれば、しめたものです。
(本書だけで、マーケティングを「分かったつもり」になると、逆効果でもあるのですが・・・。^^;)

◆「ブランドとは「モノ」より「コト」」「ブランドの印象は、人に左右される」「お客様を差別化する」といった、重要な概念を主人公が学ぶ(のと一緒に、自分自身も体験できます)。その「学び」がどんな効果をもたらすのか、をスートーリーの進行と共に、感じるいコトができる。

「マーケティングって?」という方に、また、「ちょっと今行き詰っちゃって」という方には、成功物語で成功体験を味わえますよ!という意味でお勧めします。

◆今日のおまけ
それは、未来が過去に下す判断です。
こんな言葉が主人公の学びのなかにでてきます。「今」できること。結果を恐れず、「今」を大切にすることってことは、どんな分野にでもあてはまる法則なんですね。

さてさて、ボク達の「今」できることは、なんだろう?

by なるたろう

--- 黄金のおにぎり ---

◆Amazonで購入する◆⇒[ http://tinyurl.com/6s35j ]


■ blogランキングに参加中です。 ■

よろしければ、ポチっと1Clickの応援をお願いします。
あなたの1Clickが、ボクの【元気の素】になってます。^^;

<人気ブログランキング> <元祖ブログランキング>


[PR]
by narutaro | 2005-02-17 08:56 | Book Review