目からウロコが・・・って思ったら、そく実行!!


by narutaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本気で生きよう!なにかが変わる


◆本気で生きよう!なにかが変わる
[ http://tinyurl.com/5e6py ]★★★★☆

著 者 丸山 浩路
出版社 大和書房
価 格 1,575円(税込)
ISBN 4479390723


自分の人生を道楽する。生きることそのものを楽しむ。
そのためには、自分の人生に対し、受身の姿勢でいてはいけません。
積極的に人生と向かい合い、とことん演出しなければならないのです。

◆こんにちは!なるたろうです。
きょうのBook Reviewは、「感動を売る男」を自称する丸山浩路さんの著書【本気で生きよう!なにかが変わる】からお届けします。

恥ずかしながら、著者の丸山さんについて、なにも知らないで本書を手に取ったのですが、ご本人は、すでに「感動を売る男」として15年もの講演活動を行い、またNHK教育テレビで手話の講座をお持ちになっているくらい有名な方だそうです。

◆一度しかない人生を、ストイックに生きようとする姿勢を感じる本

本書は、著者の丸山さんご自身が体験した実話を中心に構成されています。著者の人生を生きるうえでの信念・信条を、実話を紹介しながら、語ってくれているような。(イメージとしては、おじいちゃんが孫に、優しく、わかりやすく、話しかけている場面を想像してください。)

本書の内容を引用しつつ、ボクの受けたイメージにするとこんな感じです。

「変わるからこそ、人間としての深みが増す。そう、変わることができるからこそ、人生が豊かになるんだよ。生きていることのたったひとつの証、それは変わることだと、おじいちゃんは信じてる。」
終わったことをくよくよ思い煩って、いつまでも過去に囚われていたのでは、明日に向かう妨げとなるだけ。「後悔」して先に進めなくなるくらいなら、「今」すぐ、変わればいいじゃないか。思ったそのときが、変わるのにちょうどいい時期だよ、そして変わることは何にも悪いことではないし、そんなに難しいことではないんだよって。

◆きっと、多くの方との出会いを背負って生きているのでしょう。本書にちりばめられている軽いジョークや、親父ギャグっぽい言葉にまで、丸山さんの伝えたい気持ちが込められているように感じました。

丸山さんは、一つの出来事に出合ったことで、43歳の時に人生を生き直すことをスタートさせたそうです。ボクたちも、始めるのに遅すぎることなんかないよね。(^_-)-☆

◆本書の中で紹介されている言葉、「オンリーワンの基本は、みんなが違うということ。一人として同じ人間はいないということ。違っていていいんだと分かることなのです。」が印象に残ります。


◆人生の感動を味わってみたい方、人生の師(メンターをお探しの方)に、お薦めします。
最後に、著者からの質問です。

なぜ失ったものを数えるのですか?
どうして残ったものを素敵だとお思いにならないんですか?

by なるたろう

--- 本気で生きよう!なにかが変わる ---

◆Amazonで購入する◆⇒[ http://tinyurl.com/5e6py ]


■ blogランキングに参加中です。 ■

よろしければ、ポチっと1Clickの応援をお願いします。
あなたの1Clickが、ボクの【元気の素】になってます。^^;

<人気ブログランキング> <元祖ブログランキング>


[PR]
by narutaro | 2005-02-27 20:44 | Book Review