目からウロコが・・・って思ったら、そく実行!!


by narutaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Book Review( 63 )


◆ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法

著 者 佐々木 かをり
出版社 ディスカヴァートゥエンティワン
価 格 1,365円(税込)
ISBN 4887592884

─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/6wmlt ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「スケジュール帳」は、夢を実現するためのツールである。わたしはそう信じて
 いる。スケジュール帳という「道具」を毎日上手に使えば、誰でも、着実に自分
 の夢に近づくことができる。

◆久しぶりに、「もっと早く読みたかったなぁー。」と思わずにはいられない本に出逢いました。その本とは、今日ご紹介する【ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法】です。

ちょうど、この時期でもあり、我が家の奥さんにスケジュール帳でもプレゼントしようかとのぞいた本屋さんで、偶然見つけました。

パラパラっと内容を見て、即購入。おかげで、肝心の奥さん用のスケジュール帳を買い忘れました・・・。^^;

◆さて、本書ですが、冒頭に引用した著者の言葉からもわかるように、「手帳を使って、自分自身の夢をグッと引き寄せるためのKnow-how、Do-howがぎっしりとつまった」良書です。

特に、ボクにとって新しかったのは、時間を可視化しようとする著者の姿勢かな。(^^♪

 わたしがスケジュール帳を使うのは、時間という目に見えないものを、
 目に見える状態に変化させるための一つの方法だからである。目に
 見えるようにした上で、時間の存在を具体的に確認し、自分が持って
 いる時間を有効に活用していきたいからである。(p16)

著者も本書で語っているように、「人は皆、24時間という同じ時間を持っている。だから、その時間をどれだけ有効に使うかは個人の力量ということになる。」という点は、非常に共感できました。

◆以前、ボクがフランクリンプランナーという手帳を使っていると書いたことがありますが、それを使い始めたきっかけは、「時間は管理できない。管理できるのは、自分の行動だけだ。」という概念を知ったからなのです。

著者のいう「人は皆、24時間という同じ時間を持っている。」という考え方って、しっくりくると思いませんか?

本書は、「術」についての本なので、あまり内容の紹介はできないのですが、その「術」の元になっている考え方が納得できる方は、ぜひ、手にとって損はないでしょう。

◆夢に近づく来年を迎えたい方、行動管理のノウハウを学びたい方にお薦めです。

by なるたろう
■blogランキングに参加中です。
よろしければ、ポチっとClickお願いします。毎日継続する元気の素なんですよ。^^;■
人気ブログランキング元祖ブログランキング

著者の佐々木かをりさんとは・・・
[PR]
by narutaro | 2004-12-06 08:59 | Book Review

◆会話のマネジメント コーチング選書 02

著 者 M.コノリー(著),R.リアノシェク(著),コーチ・エィ(編)
出版社 ディスカヴァートゥエンティワン
価 格 2,310円(税込)
ISBN 4887593457
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/4o8c6 ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「会話」のマネジメント?って、なんだそれ!

これが、ボクの正直な第一印象でした。
あまりに当たり前すぎて、「会話」って何だろう?なんて考えたことなどなかったんです。(^^ゞ

突然ですが、「会話」ってなんだろう?って聞かれたら、あなたなら、どう答えますか?

こんな機会でもないと、「会話」って単語を辞書で調べることなどないだろうと思って、調べてみました。

「会話」とは、二人または数人が、互いに話したり聞いたりして、共通の話を進めること。また、その話。(出典:三省堂「デイリー 新語辞典」)

辞書にある「話したり聞いたり」というところは、当然だと思ったのですが、後半の「共通の話」ってところ、ここを読んで、「なるほど!」って思いました。

「共通の話」ってのが、「会話」におけるポイントなんですね、きっと。
■blogランキングに参加中です。
よろしければ、ポチっとClickお願いします。毎日継続する元気の素なんですよ。^^;■
人気ブログランキング元祖ブログランキング

続きを読む
[PR]
by narutaro | 2004-12-04 14:22 | Book Review
◆個人の成長のために物語を活用する
-------------------------------
☐「物語」っていつ頃からあるのか、ご存知ですか?
なんと、その起源は、キリスト誕生のずっと前、まだ文字のなかった時代にまで、遡るんですって!(ちょっと、ビックリ!!)

文字のない時代、「物語」は、今のテレビやラジオ、新聞やインターネットのように、情報を(口頭で)伝える手段として使われていたそうです。

☐さて、そんな「物語」には、5つの効用があるようです。その効用とは、
  • 学習効果を高める
  • 理解を助けるパターンを提供する
  • 好奇心を刺激する
  • 感情を揺さぶる
  • ユーモアと共に情報を伝える
本書の第一部で紹介されている50の「物語」をぜひ読んでみてください。きっと、今のあなたにピッタリのストーリーが見つかるから。(^^♪


☐本書は、第一部でボク達が知っている童話や、昔話などを紹介し、そこから得られる教訓と、自分自身のこととして考えるためのいくつかの質問が準備されています。つまり、「物語」の効用を実感できるようになっているってことですね。

そして、その「物語」についてもっと知りたい!という気持ちに応えてくれるよう、第二部が準備されているって感じです。

☐第二部は、「物語の機能と効用とは何か?」「物語の探し方」「物語を話す」という各章で構成されています。

そう、本書を読むことで、「物語」の5つの効用を自分のものとし、相手に伝えられるようになるってことですね。(^^)

ボクは50の「物語」のなかにお気に入りを見つけることができました。
そして、いま、「物語」の効用をすごく実感しています。

この気持ちを言い現すのにピッタリの言葉・・・。

そう、「伝えたい!!」。この言葉がピッタリかな。(#^.^#)

☐全ての人にお勧めしたい。そんな一冊に出逢えることができました。ありがとう!

by なるたろう

■blogランキング参加中。
毎日継続する元気の素にしています。よろしければ、ポチっとClickお願いします。^^;■
人気ブログランキング元祖ブログランキング
◆人を動かす50の物語 コーチング選書 03

著 者 M.パーキン(著),コーチ・エィ(編)
出版社 ディスカヴァートゥエンティワン
価 格 2,100円(税込)
ISBN 4887593465
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/6og26 ]
─────────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by narutaro | 2004-12-02 09:03 | Book Review

人を動かす50の物語

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆人を動かす50の物語 コーチング選書 03

著 者 M.パーキン(著),コーチ・エィ(編)
出版社 ディスカヴァートゥエンティワン
価 格 2,100円(税込)
ISBN 4887593465
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/6og26 ]
─────────────────────────────────────
◆あたかも言葉で絵を描くように、聞き手の記憶に残る物語によってメッセージや知恵を語るというスキル、それが【物語のスキル】です。

この古くから活用されてきた【物語のスキル】を、現代のビジネス・シーンのなかで、いかに活用するかを明らかにすることが本書の目的となっています。

◆本書の構成を簡単にご紹介しますね。
第1部「50の物語」では、──コーチングが機能する5つのジャンル(「ビジョンの明確化とゴール設定」「問題解決」「リフレイミングとクリエイティビティ」「エンパワーメント」「自己評価と成功」)別に、50の物語が収録されています。
第2部「個人の成長のために物語を活用する」では、──物語のスキルとは何かを明らかににしています。


【人を動かす50の物語】なんだか面白そうですよね。本書は、今日から読み始めたばかりなので、Book Reviewとしてご紹介するのは、もう少しお待ちください。^^;

第1部には、50のショート・ストーリーとそれぞれ教訓、質問がセットになっています。
多くの本を読んできたボクの第六感が、「これは面白いことになるぞ!」って騒いでいるので、ちょっと早めのご紹介です。

明日から、どんなご紹介ができるのか、ちょっとワクワクしてきています。(^^♪

■blogランキング参加中。
毎日継続する元気の素にしています。よろしければ、ポチっとClickお願いします。^^;■
人気ブログランキング元祖ブログランキング

[PR]
by narutaro | 2004-12-01 09:15 | Book Review

★★★★☆ 考える技術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆考える技術

著 者 大前 研一
出版社 講談社
価 格 1,680円(税込)
ISBN 4062124920
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/7yczg ]
─────────────────────────────────────

私たちが生きている「今」の時代に起こっている「変化の本質」とは、これまでの原則がまったく通じない、すべてが新しく生まれ変わるということだ、と言っても過言ではない。


□いきなり、強烈な問題・課題意識をあおるような提言、大前研一流の書き出しではじまる本書【考える技術】を読んでみました。

□著者、大前研一さんについては、多くのメディアで紹介されているので、ここでは、本書を読むうえで、背景として知っておいていただきたいことを、少し紹介しますね。

□大前研一さんは、早稲田大学卒業後、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。その後、日立製作所に入社したが2年で退社。(あの大前研一さんが、理工系出身の技術者として、サラリーマンをやっていた時期があるってのは、少々驚きですね)
30歳手前で経営コンサルティング会社の【マッキンゼー&カンパニー】に入社してからが、私たちがよく知っている経営コンサルタントの大前研一さんとなります。著作活動も、「企業参謀」(プレジデント社)「サラリーマン・サバイバル」(小学館)「質問する力」(文藝春秋)「やりたいことは全部やれ!」「チャイナ・インパクト」(講談社)など多数。著作に「チャイナ・インパクト」なんて本もありますが、最近は、特に中国をテーマにした活動に力を入れてみえるようですね。

□例によって前置きが長くなりましが、大前研一さんが本書を著した目的を確認してみましょう。

本書の目的は、この新しい世界の中でビジネスマンが生き抜いていくために必要なビジネス思考の方法とその思考回路を身につけるためのノウハウを読者に伝えることにある。「はじめに (p2)」

□大前研一流の「ビジネス思考の方法」と「思考回路を身につけるためのノウハウ」、なんか興味深いですよねー。ボクは、この「はじめに」の紹介文で、買っちゃいました。(^^ゞ

--------------------------------------------------------------------
■人気blogランキングに参加しています。ポチっと1click、応援お願いしまーす!■
今日のランキングは?
--------------------------------------------------------------------

続きを読む
[PR]
by narutaro | 2004-11-28 10:17 | Book Review
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あなたの夢をかなえる「未来日記」
 “思い通りの人生”を手に入れる14日間トレーニング

著 者 佐藤 富雄
出版社 PHP研究所
価 格 998円(税込)
ISBN 4569632157
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/6r62d ]
─────────────────────────────────────
「思考は現実化する」。511人の成功者を分析した結果を、成功の原理原則としてまとめた、あのナポレオン・ヒル博士の言葉。成功に関する書では、必ず、おめにかかる言葉ですね。

 本書も、基本的には、「思考は現実化する」という原理原則に基づいて書かれているといえるでしょう。

□さて、本書のタイトルにもなっている「未来日記」とは、「理想の未来を先取りして現在形の形で書く」という方法のことです。

 まだ起きてもいない未来を書くの?

 ハイ、そうです。

 著者いわく、「真の未来とは、あなた自身が自ら創造するもの」、「未来の在り方を決めるのは、私たち自身である」。よって、「どんな成功や幸福を望むか、どんな目標を設定するか、そして、そのためにどんな行動をとるのか」といったことを未来日記というカタチで明らかにすることが重要なのだ、と。

□うーん、全体としては、なんとなく理解できるかな。
--------------------------------------------------------------------
人気blogランキングに参加しながら、毎日投稿する励みにします。ポッチっとご協力を!
--------------------------------------------------------------------

でも、しかし、・・・
[PR]
by narutaro | 2004-11-24 23:15 | Book Review
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 書名 夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート

著 者 岡崎 太郎
出版社 フォレスト出版
価 格 1,470円(税込)
ISBN 4894511800
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/6haar ]
─────────────────────────────────────

あなたの夢はなんですか?

 こんなシンプルな質問に、ドギマギしちゃう (^^ゞ

 でもって、我が家の子ども達におなじ質問をしてみると、「オレ、サッカー選手!」とか「お笑い芸人!!」などという答えが簡単に返ってきちゃう。この違いは、なんだろう?

□大人になるにつれて、その実現可能性を考えてしまって、(実現しそうもないものは、なにもしないうちから)「無理だよな~」なんて考えるから、夢がなくなってくるんだって、よく聞くよね。

 つまり、難しいから(実現性がないから)、それを夢としないってこと。
 これって、ちょっとおかしくないかな?


 本書のなかでも、「夢と目標」、「夢と欲求」の違いを例にして、ところで夢ってなーに?と問いかけているところがあるので、ちょっと紹介するね。

私の目標は「パイロット」、そして夢は「パイロット(になること)」。
──違和感ないよね?
じゃぁ、私の目標は「係長」、そして夢は「係長(になること)」、と言われたら?
おなじように、私の欲しものは「フェラーリ」。
そして夢は「フェラーリ(のオーナーになること)」。
じゃぁ、私の欲しものは「ノートパソコン」。
そして夢は「ノートパソコン(のオーナーになること)」。・・・。


□こうやって並べてると、「夢と目標」「夢と欲求」は、あるときはイコールであり、あるときはイコールでないことになる。

 確かに!そう思いません?^^;

 そして、それを分けているのが、実現可能性。しかも、実現が難しいものほど、夢っぽい。(^^ゞ

 実現性がないから、夢をあきらめながら、一方で実現性の容易なものは夢と認めないなんて・・・。これってなんだろうね?(・・?


□さて、前置きがながくなりましたが、本書の紹介です。

 「夢」に対する矛盾をボク達は、かかえている。
 でも、そんなボク達でも、信じることのできる夢を持つ方法がある、と著者はいう。
その方法は、・・・
--------------------------------------------------------------------
■  なかなか面白いねって感じていただけたなら、ポチッとclick!お願いします。
人気blogランキング
 ■
--------------------------------------------------------------------

続きを読む
[PR]
by narutaro | 2004-11-23 12:35 | Book Review
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆書名 影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

著 者 ロバート・B・チャルディーニ 社会行動研究会
出版社 誠信書房
価 格 3,465円(税込)
ISBN 4414302692
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/48o9p ]
─────────────────────────────────────
□ビジネス分野でも、心理学を取り入れた書籍が数多く出版されています。
 本書【影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか】は、1991年の出版といささか古い印象を受けるのですが、その内容は、まったく古さを感じさせないどころか、本書以降も、本書を越える書籍はないのではないかと思わせるほどのモノです。

□その内容を語る前に、みなさん、こんな経験をしたことはありませんか?

欲しくもない英会話の教材や高価な羽根布団を買ってしまった
高いエステティックの会に入会させられていた
怪しげな宗教団体への寄付を断りきれなかった
映画が好きだと言ったらほとんど役立たないクーポンを売りつけられていた


あとから考えると「なぜ、あんなことをしてしまったのか」、なんて経験は、みんな大なり小なり持っているのではないかと思います。

□実は、そのとき、あなたが相手していたのは、この【影響力の武器】を携えた人間だったとしたら・・・。
--------------------------------------------------------------------
■  人気blogランキング ■
--------------------------------------------------------------------

More
[PR]
by narutaro | 2004-11-22 00:01 | Book Review
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆大きなケーキは人にゆずろう―お金持ちになるための“母の教訓”

著 者 バーバラ・コーコラン(著)、大野晶子(訳)
出版社 ソニーマガジンズ
価 格 1,470円(税込)
ISBN 478972137X
─────────────────────────────────────
 [ http://tinyurl.com/4hqrs ]
─────────────────────────────────────

☐本書は、バーバラ・コーコラン──ニューヨークいちの不動産仲介会社コーコラングループの創設者──のサクセス・ストーリー。

□たいした学歴、経験もなく、またお金持ちでもなかった田舎育ちの彼女が、どうやってアメリカン・ドリームを手にしたのか?

その秘密は、本書のタイトルにもなっている──母の言葉(教訓)──。

ストーリー進行は、バーバラが困難に直面し、その困難を乗り切るための母の言葉と、その言葉の出てきた思い出(子ども時代のエピソード)がセットで語られた後、ぶじ乗り切っていくって感じで進行します。

□母の教訓は全部で24コ。
読んでいて、ちょっとアメリカ的な考え方だよなーって思ってしまうものもあるけど、それを差し引いても、ためになる内容だと感じました。(ちょっと、アメリカ映画っぽいところもあるなぁ)

特に印象深かったのは、
■ 人気blogランキング ■

More
[PR]
by narutaro | 2004-11-20 11:28 | Book Review
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則

著 者 伊藤 守
出版社 講談社
価 格 1,470円(税込)
ISBN 4062126354
─────────────────────────────────────
 [http://tinyurl.com/3ov2a]
-----------------------------------------------------------------
大事なのは、「コーチングとはなにか」ではなく、「なにが実際にうまくいっているのか」「なにが機能しているのか」という事実です。
-----------------------------------------------------------------
☐ネイティブ・コーチ、つまり、『自発的な行動を引き出したり、強みを見つけ出すのがとびぬけてうまい人たち。』の特性を研究すると、ある共通の特性を見つけることができる、という。

 評判のコーチング・スキルは、実は、こういったネイティブ・コーチの持っている特性を、スキルとして体系化することで、確立されてきたそうです。

 ◆さすが、日本でコーチング文化を広げてきたパイオニアのひとり、伊藤守さんの書!って納得させられちゃいました。(^^)v

☐さて、本書の内容紹介です。
 本書では、ネイティブ・コーチのコミュニケーション・スキルとして、①双方向、②テーラーメード=個別対応、③観察と徹底、④オン・ゴーイング=現在進行形、⑤自分しだい、⑥行動に働きかける、⑦ワン・オン・ワン=一対一、といった7つのスキルが紹介されています。

 それぞれのスキルについては、ネイティブ・コーチの例を紹介しながら、ボlク達がそのスキルをどうやって身につけていけばいいのかを、ていねいに解説してくれているので、ひじょうにわかりやすく仕上がってます。オススメですよ。

☐おっと、大切なことを書き忘れるところでした。^^;
 本書で紹介されているスキルですが、ボク達も身につけることができる。そう、「学習可能」ってこと。

☐ということはつまり・・・・・・、
■ 人気blogランキング ■

More
[PR]
by narutaro | 2004-11-18 09:15 | Book Review